気の向くままに。〜趣味とストレス。あと諸々。〜

スクラップになり損ねた物体がやってるゲームとか趣味とかのブログ。ストレス吐くこともありますが気が向いたらお立ち寄りください。ためになる話とかはほぼ100%出てきませんが。

どうすればいいんだっけ。

自分の意見を言うことができない。

人に合わせることしかできない。

自分が我慢すればいい。

 

そんなことを思って過ごしているうちに、自分のやりたいこととかがわかんなくなりました。

 

あんまり親とかには言ってないことではありますが、今の会社は退職したいと考えています。そして、できるならネットカフェのアルバイトに戻りたいと思っています。

 

なぜなら、仕事に対する第一歩が違ったからです。

 

 

 

これまで正社員としてやってきたところは「正社員だから、お金がいっぱいもらえる。」「正社員だから、親を安心させられる。」というもの。

 

対して、ネットカフェのアルバイトは、「ネットカフェの仕事って面白そう。」「ちょっとやってみたいな。」というのが多かったと覚えています。

 

正社員としていたところは「自分はやりたくないけど、親や家族が喜んでもらえるならそれでいい。」と思ってきました。

そして精神をぶっ壊しました。2打数2安打です。

 

アルバイトは「どうなるかはわからないけど、興味があるからやってみたい。」という考え方。

そして約3年勤めました。

 

こうして書いて見て比べると、やっぱ違いますね。正社員の仕事は「自分本意じゃない仕事」、アルバイトは「自分本意の仕事」だったんだなって思います。

 

 

昨日、姉が帰ってきて、仕事に関する事をいろいろ言ってきました。そして僕は当たり障りのないことばかり言いました。「(やめたいなんて言ったら、なんて言われるかわからない。だから表面上はいいこと言っておこう。)」と思いながら。

 

姉が帰ってから、母と話したとき、言われました。「仕事行ってるって嘘言わんかったらよかった。」と。そう、僕は先週精神ぶっ壊していて、休みをもらっていました。けど、心配かけたくないから、嘘をついてもらおうと思いました。

 

単純に僕は、「(あ、とうとう親にまで嫌われたな。)」と直感で思いました。

 

その後の会話で「今週は仕事行けるな?」と言われ、「(本当は行きたくない。けど、今お金を稼げていないから行かなきゃいけない。どうしよう)」と思っていました。すると語気を強めて、「何!?」と言われたので、「ごめんなさい。行きます。行きますから…」と泣きながら言いました。 なんとなく覚えているのはこのくらいです。

もう家では、嫌な思いしかしません。一人が楽しくて仕方ありません。家族といる時間が苦痛です。

 

「やればできる子」。家族からよく言われ続けてきました。だから、僕は「(やればできる子なんだ。できてないなら、もっと頑張らなきゃいけない。期待に応えれなきゃいけない。期待に応えれないなら、いらない子だ。)」と思い、生きてきました。

 

ただ、今日仕事場に向かっている途中で面接をしてくれた総務部長に呼び止められ、いろいろと相談をしました。

今の仕事に関して、家族に関して、そしてこれからどうするかについて。

 

言われた言葉は「やりたくない仕事をやりにきてるんだったら、仕事をしてほしくない。」とか「家族とかじゃなくって自分は将来どうしたいの?」とか「他人に合わせなくでもいいんじゃないか?」とかを言われたと思います。正直、あまり覚えていません。聞いてなかったわけじゃなくて、そこでもあまり自分の本心を出せなかったからです。

どうすれば相談しているということになるのかわからなかったんです。

 

その後、「今日は帰って明日【まだ続ける】のか、【もう辞める】のか。辞めるなら【今週いっぱいは働く】のか、【今月いっぱいは働く】のか、それとも【すぐにでも辞める】のか。ゆっくり決めて、また話してほしい」と言われました。

 

率直な感想としては「(今までの上司の中で一番親身になってくれる。)」と思いました。ホントにこの会社にいてくれて良かったと思います。

 

問題は親です。親は完全に「今週は元気に仕事に行ってるんだろうな。」とかんがえているはずです。そこに「辞めたい」なんて言ったらどうなるか。想像しただけでおぞましいです。

 

あ、ネットカフェに戻りたい理由にはもう一つあって、「仕事が楽しいという感覚を思い出したい」と思ったからです。

正社員になってからは、ただただ苦痛でやりたくない仕事だけどお金のためにやってました。思い返したくもないです。あんな苦痛な日々。

 

平気なふりして出社して、体調悪くても仕事をして、作った笑顔で退勤。自分が出せるのは出勤中と退勤中の移動時間だけ。現実逃避だけが唯一の生きる糧になってました。

 

もうね、土日が休みとか関係ないんです。不定休でもいいんです。シフト制でもいいんです。アルバイトしてた頃の方がよっぽど人生楽しかった!だからアルバイトに戻るんだ!

 

 

…こんな事を直接言えたらどんなに楽なことか。言ったところで「これから〜…」とか「将来〜…」とか言うに決まってます。もうそんなの言われたら「今週いっぱいで辞めよう」と考えるものも「今すぐ辞めてやる」と感情で動きます。

 

多分、学生時代にほとんど来なかった(というかしなかった)反抗期がいまさらきたのではないでしょうか。わかりませんけど。

 

とにかく、今はアルバイト先を探して、結論を出すつもりです。

 

 

まぁ、根本的にネットカフェの求人が出てなかったらもっかい路頭に迷いますけど。

 

リックン