気の向くままに。〜趣味とストレス。あと諸々。〜

慎重派ネガティブ人間がやってるゲームとか趣味とかのブログです。ストレス吐くこともありますが気が向いたらお立ち寄りください。分かりやすいほどアフィリエイトも入ってますのでよろしければ。

なぜかラーメン店で勇者と呼ばれた人たちの会話。

前回:愛知まで拉致されることを悟ったら勇者になった。を先に見ないとついてこれないという事もないです。

 

ラーメンのスープが、レンゲが立つくらい濃度がすごい愛知のラーメン店で食べるとこからです。

 

注文が先に来たのは年下組の2人うえてぃーリックン)。ノムさんやまがさんの注文が到着する前に、先に食べ始めたのですがまぁこれスープが麺にまとわりついてるといっても過言ではないと思います。

 

「このラーメン…すっごいなぁ。」

「誕生日になったらこのラーメンにレンゲと箸を刺してなww」

「今日でもう37歳かぁ…ってなったら37本の箸がみっちりと…w」

「いや、10の位はレンゲやからレンゲが3つに…ww」

 

ノムさんやまがさんの注文も届いて、そんな会話もしているとこのラーメン店の名物でもある「あれ」が聞こえてきました。

 

「ハァァァァァアアアイ! △◎※?#。」

「ハァァァァァアアアイ!」

 

このラーメン店の名物店員さん(前回の記事で「勇者たちです!」と言っていた人)が麺の湯切りをする時の掛け声。待ってる時にもたびたび聞こえていました。

 

食べていると、名物店員さん待っている人と会話している声が聞こえてきまして。

「どこから!?」

「津から。」

「津から!!」

「我々も津からきてるんやけどな。」

三重県の~!?津市から~!?」

「☆◎※#=¥*$∀!」

「なんてww?なんて言ったんww?」

三重県の…津市から…あいぜんたかた(?)にのってきた?」←適当に翻訳することに定評がある。

「あいぜんたかた(?)ってどこやったっけ?福島?」

「多分そうじゃない?」

「じゃあ、三重行って福島行って愛知に来たってことか。(?)」

「そうやな。(?)」

(※"あいぜんたかた"という地名はなく、陸前高田なら岩手県にある。)

 

麺と具材を食べきり、ノムさんやまがさんの3人が、ご飯を持ってきて食べてるとき、

「これすごいよ、匂い麻婆豆腐。」

「えぇ?…あ、ほんとや。」

「うん…味はねぇ…若干麻婆豆腐。」

「あれ、うえてぃー食べないの?」

「うん、だって…この後歩かなあかんし。」

「…あぁっ!?」

「うん、だからよく食べるなぁw…って。」

駐車場所はラーメン店から徒歩10分くらいの位置にあることを考えて食べなかったうえてぃー。

「やっぱりスープが箸でつかめるからなぁ…」

「ちょっと待ってw改めてよくよく考えたけど、"箸でつかめるスープ"って何ww?」

「いやだって、俺もうレンゲ使ってないもん。」 

 

 

その後も会話をしつつ黙々と食べ進めて、ノムさんのご飯をうえてぃーがつまみ、が食べきりやまがさんんも少なくなってきたところで、ノムさんの様子がおかしくなり。

「大丈夫?食べよか?」

「うーん…あの…口がこの味を受け付けてくれやん。

「無理して食べやんくってもいいんやよ?」

「んー…でもあとこんだけやし…(一口くらい)」

 

あと終始やっていた「水をギリギリまで注ぐブーム」の中で生まれた会話を少しだけ。

「これ時々小さい氷が入ってくるから…w」

「乱数だね。」「なるほど、乱数調整やな。」

 

「…あー、こぼれた…」

「何してんの…ww」

「じゃあ、この残った分は入れとくか」

「あんなぁ…100点。で80点、でこれは0点ww」

 

「なんでまたギリギリまで入れてんのよ…(8割ほどで止める)」

100点。これが正しいからww」

「大事なのは何か、ストップする勇気。」

「乗ってしまうからなwどうしてもw」

 

というようなことを話しつつ、退店し駐車場所まで戻りました。

 

 

えー、本来であればもう少し書く予定でしたが、さすがに長すぎるのでこの先は次の記事で。

 

リックン